Amazing Life 最高の人生

「笑顔」と「感謝」で最高の人生を送ろう!


52歳、退職の日。

,

訪問いただきありがとうございます。

いらっしゃいませ。

とうとう、この日がやってきました。

35年間の会社員人生にピリオドが打たれる日。

最後の会社出勤日となりましたが

「やっときたぞ」という、前向きな気持ちではなく

「とうとう」という、惜しむ気持ちで朝を迎えました。

9時から退職辞令交付。

その後、約70人くらいの人が事務所に集まり

あいさつする時間をいただきました。

私のあいさつのために、朝の貴重な時間を割いて

他の部署からも何名か来ていただきました。

すごくうれしい気持ちでした。

そして、あいさつ。

冒頭で緊張していることを正直に伝え

下書きを書いたノートを見ながら話そうと思いましたが

話しているうちに、自分の言葉で話していました。

下書き(台本)無視の全てアドリブになってしまいました。

まさに、筋書きのないドラマ(ノンフィクション)でした。

すらすらと言葉が出てくるので

もっと話したい気持ちになりながら

最終的に5分間くらい話したと思います。

(下書き(台本)を読む練習では3分くらいでした。)

なぜ、こんなに話をしたくなったのか考えると

あいさつしている時

私に向けられた皆さんの視線(期待している?)が気持ちよくなり

私も(期待に応えようと?)ついつい話をしてしまったんだと。

私はやっぱり、人前で話すの好きなんだ〜ということを改めて自覚しました。

次のステージで活かさなければ。

退職の日の話。

続きは次回。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

最高の人生。

今日も感謝。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP